13年を経過した車で上がるのは自動車税だけではないぞ

シェアする

前回は自動車税で納得がいかない部分を書きました。

13年を経過した車の自動車税に納得がいかない

しかし、13年が経過して上がるのは自動車税だけではありません。何が上がるのかと言うと・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)

13年を超えると重量税も上がる

13年を超えると自動車税が上がりましたが、何故か重量税も上がります。新車の新規登録から13年が経過すると税額が上がり、18年が経過すると更に税額が上がります。
私は声を大にして言いたい。

「車は古くなると重くなるというのか!!」

全く理解不能です。まあ、ちょこっと調べた所、18年超の税額が本来の税額であり、18年以下、13年以下は減額されているとの事。まあ本来の税額といっても税制は複雑な為、既に何が正しいのか私にはよく分かりませんでした。

ただ、これだけは分かります。自動車税と共に重量税の税額が上がるのは制度的にどう考えてもオカシイと。二重課税ではないのかと。自動車税の場合は環境対応というお題目があり、一応理解できます。しかし重量税の場合、その根拠は何処にあるのかと。

車は贅沢品なのか?

私には取りやすい所から取るという、弱いもの虐めにしか思えません。こういう事を書くと「車を所有するのは贅沢だから仕方がない」という意見がでてくるでしょう。

たしかに私も車はある意味贅沢だとは思います。しかしそれは交通インフラが整備された都市部の方の意見ではないですかね?田舎ですと正直、車がないと生活が成り立ちません。

また、車についてはいろいろな税金がかかるので、既に多額の税金を払っています。13年を超えた所で更に税金を増やすのは意味不明です。

昔ニートの方が「働いたら負け」なる迷言を唱えましたが、税金的にいうと自動車も「買ったら負け」なのかもしれません。

とはいえ、田舎では車は必需品。私の次の車は軽自動車になりそうです(苦笑)一応、今の車は根性であと二年乗る予定です。重課になんて負けないぞ。

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする