収入が少ないと投資をしてはいけないのか?

シェアする

以前に書いた記事で、私の定年時における予想退職金を算出し紹介しました。

自分の退職金を計算してみる。さて、その結果は?

一般的に退職金とは、基本給と在職期間で決まるのが相場です。そこから想像できるように、私の給料はあまり多くありません。では、収入が少ないと投資をしてはいけないのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

生活防衛資金という貯金について

私はインデックスファンドの積立投資を行っていますが、この界隈では生活防衛資金を確保してから投資を行う事が標準的な考え方です。 管理人も以前に生活防衛資金について考察した記事を書いていますので御覧ください。

生活防衛資金について考えてみる

基本的に生活防衛資金を確保してから、投資を行う事には賛成です。私も生活防衛資金を二年分確保した上で投資を行っています。ただし、正確に言うと生活防衛資金を貯めてから投資を行ったのではなく、投資を始めた時には自然に生活防衛資金が貯まっていました。これは私が比較的遅くに投資を始めたからと、コツコツお金を貯める資質があったからです。

お金を使わない体質

収入が低い場合の考え方

では、20代だったり、収入が低くてなかなか生活防衛資金が貯まらない場合はどうすればよいのでしょうか?

まず、投資を行う大前提として家計が黒字である必要があります。これは当たり前の事です。赤字なのに投資しているとしたら、それは借金して投資している事になります。不動産投資などの一部を除いて、庶民は絶対にやってはいけない行為です。何故なら、借金の金利は比較的高く、投資の利益は不確定だからです。

家計のチェックを終えて黒字化していれば投資を行ってもよいと私は思っています。例えば月に5000円の黒字が出ているのならば、4500円を貯金に回し、500円を積立投資に回せばいいだけです。逆にいうと月に5000円の黒字がでない場合は投資の事を考えている場合ではありません。

たったの500円でも投資信託を使えば世界分散投資が可能です。もちろん家計的には低空飛行の状態ですから、貯金を最優先するのは当然の事です。その為、ある程度貯金が貯まるまでは投資の比率は最低限にします。また同時に、収入増、支出減の対策を行う事は必要です。

収入が少なくても早めに投資をするメリット

芸能界屈指の投資家ボビー・オロゴンさんが次のような事を言っています。

「僕は投資っていうのは収入が少ない時には少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思っている」

収入が少ない時には少ないなりに投資をやればいいだけの事なのです。もちろん、やりたくない人に無理にすすめている訳ではありません。

そうやって常に相場に自分のお金を置いて置く事により、金融・経済の事を勉強するようになるでしょうし、知識や経験も増えていきます。特に含み損を持った時の感情などは経験しないと決して分からない事です。

また、これは余り語られない事ですが資金が小さい内に失敗しておくと、ダメージも小さいのです。これは、知識も無いのに退職金で一括投資を行い、失敗して途方にくれている方とは好対照です。

まとめ

貯金と投資の割合に気を配る事は必要ですが、収入が少なくても投資をする事は可能です。実際、私がやっています(苦笑)
では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

コメント

  1. リング より:

    少額からでも投資する事は私も大切だと思います。ちょっとずつ投資という行為に慣れて、最悪損した場合にも少額であれば「今後の糧」としてリカバリ出来ますね(^^)

  2. リングさん、コメントありがとうございます。
    積立投資のおかげで、投資の金銭的なハードルがだいぶ低くなったと感じています。冷静に考えると500円で世界分散投資ができるのはスゴイ事です。この環境を生かさない手はないですよね。