ワイジェイFX(YJFX!)より重要なお知らせが届きました

シェアする

ワイジェイFX(以後、YJFX!)をご存知でしょうか?もしかしたら、旧サイバーエージェントFXと言った方が認知度が高いかもしれませんね。今はヤフージャパン系列のFX会社となっています。

重要なお知らせと言うのは、投資を行っていると、たびたび受け取るものですが、今回のは本当に重要なお知らせでした。しかも、悪い方で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

 元従業員による顧客情報の持ち出し

何しろ、内容は元従業員による顧客情報の持ち出しという、金融機関にとってあってはならない大失態です。顧客情報18万件超が持ち出されてインターネット上に保存されており、検索にて閲覧可能な状況であったそうです。

私の情報で持ち出されていたのは以下の通りです。

  • 口座番号
  • 残高
  • 取引履歴
  • 入金履歴

ちなみに私の情報にアクセスはなく、不正利用の可能性は無いとの事ですが、私に調べる術はなく報告を信用するしかありません。

流出の原因

さて、流出の原因についてですが、従業員のモラル及び情報管理体制が不十分という面ももちろんありますが、私が気になったのは次の部分です。

弊社では2015年6月から個人情報を取り扱うパソコン端末は、インターネットに接続できないシステムを導入しておりました。しかしながら、この度の漏えい元のパソコン端末にはシステム導入前の古い情報が残っており、それらが削除されていなかったため、情報を社外に持ち出すことが可能な状態であり今回の個人情報の漏えいという重大事故を招いてしまいました。

インターネットに接続できないシステムの導入が2015年6月からって遅くないですか?システムの規模が分からないのでなんとも言えませんが。

あと、古い情報が残ったのはあきらかにシステム導入時のミスですよね。一般の金融機関の場合はIT会社に丸投げする場合もあり同情の余地もあるのですが、今回は母体がサイバーエージェントやヤフーですよ!?金融には疎い面があるかもしれませんが情けない話ではないですかね?

FX会社は歴史も浅く、財務基盤も脆弱な所が多いような気がします。似たような話がこれから出てこない事を祈ります。

ていうか、私のランド円の取引記録さらされたら恥ずかしくてしょうがないだろ!こら!(苦笑)

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする