給与が減給になったのに、残業代が上がったのはなぜ?

シェアする

以前の記事で書きましたが、本年度、私は減給をくらっております。
今年度の給与・手当が決定しました(2016年度)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

そして、不思議な現象が…

記事中にも書きましたが、給与(基本給とお考えください)が減ると残業代(正確には残業時の時給)が減ります。これは残業時には、給与を時給に換算して、その1.25倍を残業時の時給として計算するからです。

なお、1.25倍というのは弊社の場合でありまして、大手企業の場合は就業規則や規定により1.35倍とかのケースもあるようです。(大変うらやましい)

ですので、給与が減ると残業時の時給も当然減るはずなのですが、なぜか残業時の時給がわずかながら増えているのですよ!なぜだ。なぜなんだ?

このような不思議を見逃す私ではありません。いろいろ調査してみました。

原因は…

これ、読者に考えてもらったら面白いんじゃない!?

というわけで、新しい試みです。Twitterでは、みなさんと交流させてもらっていますが、ブログでも交流してみようよ!という企画です。

えー、回答を思いつかれた方は、ぜひコメント欄に書き込みお願いします。ただし、WordPressのコメント欄はメールアドレスが必須なのですよね〜。個人的には必要ないのですが、設定が見当たりません。管理画面の「設定」-「ディスカッション」でコメント欄の設定を見つけました。

とりあえず、メールアドレスは必須項目ではなくなっているはずです。ただし、入力欄は表示されたままのようですので無視してください。

それでも、コメントが残るのは嫌だという方、気軽に参加したい方はTwitterでも構いませんので、どしどし回答いただければ…と思います。

あまりショボい理由だとしても、怒らないでくださいね(苦笑)
正解は次号の記事に書きたいと思います。

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする