スマホのデータ通信を削減する

シェアする

さて、入院以来、ネットへの接続はすべてスマホになっています。ガラケーユーザーながら、スマホも持っていてよかったです。

もし、持っていなかったら、「下落相場で淘汰された」とか「ブログってみんな続かないんだよね」とか思われていたでしょう。

そんなスマホ運用ですが、私は格安simのiijmioを使っています。最初は1GBの通信容量でしたが、3GBに増量され非常に満足しています。
しかし、さすがに一日中、ネット接続していると、さすがに不足気味になってきました。

もちろん、3GBを超えたからといって通信できないわけではありません。低速でも通信できてしまいます。特にiijmioはバースト転送ができますので、軽いサイトなら高速で表示するようです。

でも、やっぱり高速のデータ容量は残しておきたいですよね。
Google Chromeを使っているのなら非常に簡単な設定でデータ削減できてしまいます。
設定→データセーバーON

たったのこれだけです。私の一ヶ月のデータを見てみると、なんと40%も削減できています! 訪問先のページがGoogleサーバーでダウンロード前に圧縮される仕組みです。ただし、SSLとシークレットモードは対象外です。

他のブラウザでは、Opera Miniも同様の機能を持っています。ただしデータを圧縮すると、Webページのレイアウトが崩れる場合があるとか。

Operaはパソコンで一度インストールした事があるのですが、なんか独特で使いこなす事ができませんでした。そのせいで、スマホで使うのも躊躇しています。

その他、一歩進んでブラウザだけでなく、全データを削減するアプリもあるようです。興味のある方は Opera Maxでググってみてください。
Opera Maxで一番効果があるのはブラウザ系で、アプリや通信モードによっては効果が無い場合もあるそうです。

いろいろ検討してみると、Chromeのデータセーバーが一番お手軽でした。もし、Chromeお使いの方おられましたら試してみてはいかがでしょうか?
初期設定はオフですので、オンにしてみるだけです。削減量に驚くと思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)