ガソリン代はどのカードで払うのが得なのか?

シェアする

アルパカ2号は地方在住なので、通勤や移動には車が必須です。どれくらい必須なのか以下に説明します。

白内障の手術で同室になったおじいちゃんは80代でしたが、「車がないと病院や買い物にいけない」とのことで、白内障が回復したらまた車に乗るのだそうです。

リハビリで出会ったおじいちゃんは、免許更新?の際、ブレーキの反応が遅く、保留になったらしいですが、再チャレンジするといわれていました・・・。

おっと、地方の車事情の話をしたい訳では無かった(苦笑)

私は車をほぼ毎日運転します。残念ながら、私の車は電気や水素で走る訳ではないので、ガソリンの給油が必要です。

そのガソリン代金はカード払いしているのですが、どのカードで払うと得なのだろうかというお話です。

現在はガソリン代金がリッター二円引きになるカードを使用しています。毎回40リッター程給油しますので、値引き額は80円です。

では、私のメインカードのP-ONEカード(1%OFF)で80円の値引きとなる条件とは?
ガソリン代金が8000円になると80円の値引きが得られます。40リッター給油する訳ですから、ガソリン単価は200円となります。

つまり、ガソリン単価が200円の時は値引き額は同等、200円をこえるとP-ONEカードが有利となります。(実際には割引の際、端数がカットされますのですぐに有利になるわけではありません)

今回のように定額で割引されるものと、定率で割引されるものの場合、実際に自分のケースにあてはめてみないと、どちらが有利なのか判断できません。

今回はこのような結果になったので、ガソリンが高騰するまでは、今までどうり二円引きのカードを使っていてよさそうです。


二円引きのカードにはENEOSカードSや 出光カードまいどプラスがあります。
ガソリンスタンドによっては、使用するカードによって、ガソリン単価が異なる場合があるので、計算の際はご注意ください。(計算の結果、現金が最安値の可能性もあります)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)