生活防衛資金について考えてみる

シェアする

インデックス投資を行っている場合、生活防衛資金という名の無リスク資金を確保している方が多数だと思います。 確保している額は人それぞれで、概ね半年~二年間分の生活費分でしょうか?

二年分というと大変高額に感じますが、年収ではなくてあくまで生活費である点がポイントです。家計管理を行い、生活費を下げれば必然的に生活防衛資金の額も下がります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

生活防衛資金は本当に必要なのか?

しかし、そもそも生活防衛資金が必要なのかと感じる方もいらっしゃるかもしれません。私は必要であると断言します。 生活防衛資金の細かい定義は人それぞれでしょうが一般的には「いざという時に備えたお金」ではないかと思います。

具体的例では、相場下落時の精神安定剤、予期せぬ事故・病気にそなえたお金、リストラ・失業時の生活運転資金などなど、普段のフローで対応できなかった場合に使用する事になります。

相場下落時の精神安定剤以外は普段貯金をする理由とまったく同じです。そうなんです。生活防衛資金なんて偉そうな名前がついていますが、その実体は単なる貯金です。貯金が必要=生活防衛資金が必要という事です。

ちなみに、アルパカ2号家では生活防衛資金という勘定は存在せず、全て貯金として処理され、生活防衛資金はその中に含まれる形になります。なぜなら、突発的な出費が発生した場合、貯金から出そうが生活防衛資金から出そうが同じ事だからです。

生活防衛資金が貯まってない時、投資はどうする?

では、既に生活防衛資金が貯まっている方は良いのですが、貯まってない場合はどうするのか?投資をしてはいけないのか?

私は生活防衛資金を貯める方を優先すべきと思います。何回も同じ事を書いて申し訳ありませんが、私は骨折で入院して既に4ヶ月目です。高額療養費を使用しても、ざっくり40万円ほどかかります。

医療保険や疾病手当もありますが、これらは随分と後になってから入金されるのです。
働いてないので給料もでず、支払いだけが必要な状態です。貯金がなければまったく対応不能です。どこまでの事態を想定するかにもよりますが、最低限の生活防衛資金は必要です。

そうはいっても、投資が後回しになると今度は機会損失というか、学習機会の損失という問題が現れてきます。投資というものは実際に体験してみないと分からない部分が多々あるからです。(代表的な所では、含み損を抱えた時の感情)

ですので、生活防衛資金が貯まるまでの間は、貯金が9割、投資が1割ぐらいの割合で生活防衛資金を貯める事を優先し、貯まり具合によってその割合を変化させていくのをお勧めします。

SBI証券の投信積立なら500円から積立可能ですので、充分な分散投資が低額から行えるのでお勧めです。(楽天証券は1000円から)

ちなみに、アルパカ2号家は既に生活防衛資金は確保済みですが、リスク許容度があまり高くないので、現在のフローからの積立は貯金と投資が5割ずつです。資金効率的には良くないと思いますが、これが我が家では無理なく投資を継続できる割合なのです。なお、臨時収入はとりあえず貯金にしてから考えます。

生活防衛資金をキープするコツ

最後に、生活防衛資金を確保していると、低金利で資金が凍結されて無駄だなと感じた事はないですか?私はちょっとした思考の転換でそれを乗り越えました。

例えば、「生活防衛資金一年分」というのは、昨年の収入で今年の生活を行い、今年の収入は来年用に貯めていると考えるのです。すると資金が流れているように感じられ、無駄に凍結されているイメージが無くなりました。

参考になれば幸いです。では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする