給料袋を開けたら請求書が入っていた件

シェアする

先日、上司が11月分の給料明細が入った袋を持ってきてくれました。いつもの月より若干厚みがあったので嫌な予感はしてました。
えー、中にはマイナスの給料明細と共に請求書が同封されておりました。

このブログお読みの方はご存知かと思いますが、私は9月から入院しております。9月と10月は残っていた有給休暇を使用し、なんとかしのいだのですが、11月からは完全に休職状態となりました。

するとどうなるか?勤務日はゼロですから、給料は当然ゼロです。しかし、社会保険は待ってはくれません。健康保険、介護保険、厚生年金、住民税…それらを合計すると結構なマイナスです。

じゃーん!ここで請求書の登場です。会社が社会保険を立て替えている状態なので、会社の口座に振り込んでくださいとの事。

自分の中で明細がマイナスなのは想定内だったので驚きは無かったのですが、請求書には少々驚きました。事前に連絡してくれると思っていたのに、結構ドライな対応だなぁと。

まあ、いろいろと迷惑かけているのは、こちらなので仕方のない事ではあります。ここは早急に払ってしまいましょう。この後、疾病手当の手続きもしていただかなくてはなりませんし(揉み手)

いつどんなタイミングで長期休暇?をとらざるをえない状態になるかは誰にも分かりません。もし、そうなった時、このような仕打ちが待ち受けていることを想定しておいた方がいいですよ。

では、今後の予定
12月度も請求書確定!
夏のボーナス半減確定!
(査定期間の半分休んでる…)
トホホだよ。では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ナマケネコ より:

    確かに支給分が0円だと
    社会保険料の自己負担分がマイナスになりますね・・・
    ただこれはキツイ。。。
    傷病手当金次第かも

  2. 健康保険は高額療養費や疾病手当でお世話になるので仕方がないといえば仕方がないです。
    厚生年金も将来貰えると思えば仕方ないです。
    ただ、今年の年収が減るのに、これらの基準が4~6月の給与額で決まってしまうのが、微妙に納得いきません。
    疾病手当はたしかにもらえますが、もらうまでの時間差がありますので、多少の蓄えは必要ですね。