南アフリカランドで147万円の含み損発生

シェアする

現在、南アフリカランドが随分と下落しているようですね。実は私も過去にFXにて南アフリカランドを買った事があります。そして、それを現在も塩漬け中であります。

今回は過去?の黒歴史を笑っていただき、リスクというものを再認識してもらういい機会かと思いましたので、ここで公表する事にしました。

南アフリカランドは3つのFX会社で取引しておりますが、3社合計の含み損は147万円となりました。これは本日12/14時点での含み損になります。(スワップは無視した差損です)

なぜ3社で取引しているかというと、当時のFX会社のシステムは脆弱だった為、業者リスクを避けるためです。笑ってしまいますよね?その前にもっと違ったリスクを想定すべきでした。
正直いいまして、この含み損はメンタル的にあまりよくないです。なぜかというとインデックス投資の様に、期待リターンやリスク(標準偏差)を計算したものではないからです。どこまでさがるのだろうという不安感があります。

スワップ目的で南アフリカランドを選択した訳ですが、これは完全に失敗したと言わざるをえません。これがせめて、豪ドルやニュージーランドドルでしたらまだましでした。仮にスワップ運用が失敗しても、最悪、現地通貨で受け取り(できない業者もあるかもしれません)旅行に行くという作戦もあります。

ところが、どう考えてみても南アフリカに旅行に行くとは思えません。唯一の救いはレバレッジ1倍以下で運用していた事です。したがってロスカットはありえません。それが今までストロングホールドできた理由です。

ホールドしていると、わずかながらスワップが貯まります。しかし、ここにも誤算がありました。金利の低下により、購入当初よりスワップが低下しています。また、3社で運用していますが、その内の1社のスワップが他の2社のスワップの半分くらいしかありません。予定外です。

高金利通貨は下落する事は知識としては知っていました。知っていたにもかかわらず、やってしまったんですね。変な自信があったのでしょう。しかし、ここまで下がる事は予想できませんでした。私が投資歴が浅い方に、まずは少額から~とアドバイスするのはこういう過去があるからです。

知識不足や思い込み、自信過剰による投資対象の間違い、また、その状態で一括投資をしてしまうと、後からリカバリーする事が非常に難しくなります。特に含み損がでると悶々と悩む事になります。

FXは道具としては非常に良い道具なのですが、やはり差益を狙う道具のようです。コツコツ投資との相性はあまりよくありません。自分の性格、実力にあった道具を使う必要があるようです。

過去に200万円を超える含み損をかかえていまして、毎年スワップを利用しながら少しずつ処理して含み損を減らしてきたのですが、下落によりこの有様です。

今回、非常に恥ずかしい黒歴史を疲労しましたが(しかも継続中)、自分への戒めと共に、何か参考になることがあれば幸いです。
では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)