同じインデックス投資をしていても見える景色が違う

シェアする

私はずっと楽天証券で投資信託を買っていました。昨年、ある事情でSBI証券に変更したのですが、気がついた事があります。

楽天証券の口座はほとんどが含み益です。これはアベノミクスが始まる前からコツコツと買い続けた結果です。逆にSBI証券の方は、全てのファンドが含み損です。普段はあまり損益を見ませんし、気にしない私ですが、含み損はやはり気持ちの良いものではありません。

…あぁ、アベノミクス以降に投資を始めた方は、こんな気持ちを味わっているのだなぁ~とあらためて気づかされました。

同じファンドを買っていても、片方は含み益で片方は含み損。これは個人間でも言える事ですよね。Twitterを見ていても、あれっ?と思ったことがありましたが、これが原因でした。

含み益が出ている場合は、買い増しの余裕があります。含み損が出ていると、お金の問題以前に心の余裕がなくなりがちです。しかし、ここで積み立てを辞めては口数を増やす事はできません。

そういう意味では、自動積み立てというのは非常に優れたシステムだと思うのです。損益にかかわらず、淡々と買い付けを続けてくれます。

また、バランスファンド買って自動積み立てしておけば、口座を見る必要もなくなります。含み益におごることなく、含み損になげくことなく。

アセットアロケーションが組める方には、物足りないかもしれませんが、バランスファンドの自動積み立てというのは完全ほったらかしとしてはかなりいい線いっているのではないでしょうか?

もともと、インデックス投資自体がベストよりもベターといった感じの投資手法ですし、バランスファンドも似たような感じですね。

含み損見るのに疲れた方には、こんなやり方もありますよ。ということで。

私も半分以上はバランスファンドです。バランスファンド対自分で作ったアセアロなんていう楽しみ方もありますよ。
楽しい投資ライフを。では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)