私の投資行動を変えたファンドとは?

シェアする

以前の記事で、私の投資行動があるファンドに出会った事で変わった事を書きました。では、そのファンドとは一体なんだと思われますか?ブログタイトルを見て、既にお気づきの方もいるのではないでしょうか?

それは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。
純資産総額が1000億円を超えましたし、有名なので知っている方も多いでしょう。

魅力を感じた点は
・セゾンという親しみやすさ
・全世界の時価総額に沿った分散投資ができる
・株式50%、債券50%という分かりやすさ
・安価な信託報酬(当時)
・中野社長の熱さ(笑)
といったところでしょうか。

このセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(以下、セゾンバンガードGBF)について調べていく過程で、インデックス系の投資ブログがある事を初めて知りました。それらの投資ブログをいろいろ拝見し、インデックスファンドについて知ることができました。

インデックスファンドを知ることによって、投資信託というものは適当に作って適当に運用しているのではないか?という疑念はかなり解消されました。
インデックス(指数)を目標にしているわけですから、設定も運用も適当にできるはずもありません。

セゾンバンガードGBFの場合も、各種インデックスの組合せですし、その組合せも全世界の時価総額に沿っているという明確な根拠があります。

信託報酬がかかる点については、今も正直なところもったいないという気持ちはあります。しかし、インデックスファンドは他の投資信託に比べて低コストであるし、多数の銘柄を管理しなければいけないので、ある程度は仕方がないのかなと思うようになりました。

ただし、確定拠出年金(DC)向けのファンドと一般向けのファンドで、信託報酬に差があるのはイマイチ納得できていないのですが…。
その後、セゾンバンガードGBF以外のインデックスファンドも購入し、今にいたります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)