プラチナ価格が金価格よりもだいぶ安くなりました

シェアする

さて、久しぶりに金とプラチナの価格を確認したところ、プラチナ価格が金価格よりも1000円ほど安くなっています。

ゴールドカードの上にプラチナカードがあるように、従来、格上と思われてきたプラチナですが、売買価格としては金を下回っています。

プラチナは日本では指輪などの宝飾品のイメージが強いですが、車のマフラーの触媒など工業製品にも色々と使われております。

ちなみに産出国は南アフリカが70%以上のシェアだといわれています。いや~、南アフリカには何かと縁があるなぁ(笑)
ランド苑が始まるよ~(南アランド含み損の記録)

私は純金積立をしていますが、同じ口座でプラチナも積み立てる事ができます。そこでプラチナもわずかですが積み立てる事にしました。

もっとも、これは趣味の世界の話で資産運用の為ではありません。仮に月2000円積み立てると、10年間で24万円分のプラチナが積み上がります。

もしも、値上がりしたら売却して家族旅行に行きます。もし、値下がりしたら、ジュエリーに等価交換して相方にプレゼントするつもりです。上がっても下がっても私のカブが上がる両面作戦です(笑)

コモディティはゼロサムの世界です。その為、インデックス投資の合理性とは合わない部分もあります。しかし、金やプラチナには現物としての美しさがあり、上がったり下がったりの世界とは別の魅力があります。

私にとって金は資産保全であり、プラチナは娯楽です。資産運用でなき点はご注意願います。(保全するだけの資産があるのかと言われたら非常に疑問ですが、苦笑)

ただ、私が純金積立を始めた2003年の金価格は1500円でした。今は4000円代ですので、本当に未来は読めないものだと感じています。

おっと、話がそれました。金やプラチナを主力にするのは100%お勧めしませんが、こんなスパイス的な使い方すると楽しいよ。という事で。
では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)