セミリタイヤと自由について

シェアする

さて、投資(投機)を行った事がある方でしたら、一度はセミリタイヤや早期リタイアを夢見た事があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

セミリタイヤは無理だと悟りました

私も過去には何度か夢見た事がありますが、最近ではそのような事を考える事はなくなりました。何故かというと、今後得られるであろう収入と投資で得られる予想リターンを考えてみても、悲しいながら、それは無理である事が分かったからです。

私がセミリタイヤを夢見たのは、単に仕事が辛かったからです。単なる逃避でした。セミリタイヤをして何かをしたかった訳ではありません。もし仮に運よく成功しても、このようなメンタリティーでは、楽しいセミリタイヤ生活は送ることができなかったと想像します。

セミリタイヤをするという事は自由になるという事だと思います。作家の森村誠一さんは、自由には二つあると語っています。「何もしなくていい自由と何をしてもいい自由」私が思い描いた自由は前者にあたるでしょうか・・・。

何もしなくていい自由は、きっと楽でしょう。しかし、私はただそれだけを求めるのは、つまらない事だという事も知っています。

楽なのと楽しいのは違う

でも、リタイヤはいずれ必ず訪れる

自由業やフリーランスでない限り、人は定年というリタイアを迎えます。会社員時代に仕事一筋だった人は、定年になった時に、最初は開放的で楽しいが、そのうちやる事がなく鬱屈した生活を送る場合があると聞きます。

私はノンビリと過ごすのは苦にならないタイプですが、その半面、時間を無駄にしたと思うことがたひたびあります。投資でセミリタイヤするのは無理かもしれませんが、リタイアは必ず訪れます。人生を充実した物にする為には、そろそろ自由について考えてもいい時期にきたのかもしれません。現実は仕事と子育てで手が一杯ですが…

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする