診断書のお値段

シェアする

病院に入院すると各種の診断書が必要になる場合があります。会社に提出する物、生命保険会社に提出する物、健康保険組合に提出する物。

いろいろ入手しましたので、記録として残しておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

私が入手した診断書

一般的な診断書

フリーフォーマットで病名、療養期間、病院名、医師名などの記載があります。即日発行してもらえます。

値段は1500円(税込1620円)でした。

生命保険会社に提出する物

入院・通院証明書(診断書)などがあります。こちらは生命保険会社の所定のフォーマットになります。

値段は3000円(税込3240円)でした。

私の入院していた病院の場合、発行までに一ヶ月ぐらいかかる場合があるとの掲示がありました。また、受け取りは平日の午後のみです。おそらく、診察時間は忙しい為と思われます。

健康保険組合に提出する物

傷病手当金を受け取る為の傷病手当金支給申請書になります。所定のフォーマットになります。私が使用したのは協会けんぽの物でした。

値段は300円(非課税?)でした。生命保険の物が3000円でしたので、同額を想定していたのですが、十分の一でした。上記二つが、保険給付外であるのに対し、保険給付の対象になるようです。明細には医学管理料(傷病手当金医師意見書交付料)とあります。

こちらも、平日の午後に取りに行く必要がありました。

まとめ

以上、病院によって診断書の値段や受け取りルールは変わると思いますが、参考にして下さい。もちろん、入院する状況にならないのがなによりだと思います。

では、また。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする